THE KING OF FIGHTERS OFFICIAL WEB SITE
KOFとは?
KOFヒストリー
KOFキャラクター
トピックス
イラストギャラリー
ムービーギャラリー
KOFリンク
OFFICIAL SITE
NUMBERING TITLES
KOF2000
KOF2001
KOF2002
KOF2003
KOF XI
KOF XII
UM SERIES
KOF’98 ULTIMATE MATCH
KOF2002 UNLIMITED MATCH
MAXIMUM IMPACT SERIES
KOF MAXIMUM IMPACT
KOF MAXIMUM IMPACT 2
KOF MAXIMUM IMPACT REGULATION "A"
OTHERS
OTHERS
KOF'94 Re-Bout
KOFヒストリー
KOF94 KOF95 KOF96 KOF97 KOF98 KOF99 KOF2000 KOF2001 KOF2002 KOF2003 KOF XI KOF XII

THE KING OF FIGHTERS XI
KOF XI紹介へ
チームストーリー
主人公チーム 餓狼チーム ライバルチーム 怒チーム
エージェントチーム K’チーム アンチ極限流チーム 京&庵チーム
龍虎チーム 餓狼MOWチーム サイコソルジャーチーム アーデルハイド&ローズ
紫苑 禍忌

サイコソルジャーチームストーリー

「久しぶりやなぁ……。アテナ、元気にしとるかいな」

 鎮元斎の元で1年にわたる修行を積み、椎拳崇が帰ってきた。
 精悍に引き締まった顔つき。鍛え上げられた肉体。一回り大きくなった人物の器。磨かれたサイコパワー。
戦士として成長した彼の姿に、道行く人も思わず振り返る……。

 と、思っているのは本人のみで、外見上大して変化があるわけではない。
 それでも内面をいささか鍛えた自負も事実もあるから、心もち態度が堂々としているように見えなくもない。
 アテナが次のKOFに向けて修行している某ペンションまであと少し。
 ケンスウは、バッグに無理矢理詰め込んだ大荷物と、小さな紙箱に詰められた差し入れの肉まんを手に取って、先を急ごうとした。

「にくまん……」

 地面にちょこんと膝をかかえて座っている女の子がいた。
 ケンスウが肉まんの紙箱を持ち上げると、女の子の視線もそのままスライドした。ためしに箱を右に動かすと視線も右に。左に動かせば左に。
 ゆったりした服装にふわふわの髪と桃色のリボン。大きな目に幼い顔立ち。近所の小学六年生といったところか。

『じ〜〜』
 という視線が発する音でも聞こえてきそうな雰囲気である。
 ケンスウは女の子と肉まんの箱を数度見比べ、心の底から残念そうに、ため息をついた。


 ※ ※


「オレ、椎拳崇。ケンスウでいいで」
「わたし桃子!」

 大振りの肉まんを両手で持ち、はむはむとほおばりながら桃子は元気に自己紹介した。……小学四年生くらいかもしれない。

「ふーん、ももちゃんか。ももちゃんは迷子なん?」
「迷子じゃないもん!」

 桃子は力強く否定した。ただ、家の場所がわからなくなっただけだもん、と。
(それを迷子っちゅうんや)
 突っ込みを心の中だけでとどめておくあたり、ある意味確かに成長したといえるかもしれない。

「なあ、家はどのへんにあるんや? なんか目印になるもんとか近くにあるやろ」
「んーとね。近くの公園に、おっきな桜の木が3本あったよ」
「なんや、俺が行くところの近くやん。じゃ、そこまで連れてったるわ」
「うん!」

 郊外の空気は澄んで、日和も良い。
 散歩がてら道を行くのも悪くなかった。会話もはずむ。

「……ほんでな、その子アイドルやってんねんけど、ホンマはわいにベタ惚れやねん」
「ふーん」

 なだらかな坂をのぼりきると、芝生のきれいな小さな公園が見えてきた。
 桜の老木が三本生えていて、春になればかなりの見物になるだろう。

「アイドルやってる手前、口には出せへんけど、俺にはよーくわかってるんや」
「へー」
「その子、俺ほどやないけど、格闘技もごっつ強いんやで」
「知ってるよ、KOFに出てるんだよね」
「お、ももちゃん良く知ってるやん」

 気分の良くなったケンスウの舌は滑らかだった。
 いつも優勝候補筆頭やねんけど、アル中のもうろく爺さんがどうしても一緒に出場する言うて聞かんさかい、毎年足引っ張られていいところで負けてまうことも多いねん。ま、俺がその分カバーすればいいんやけど、天才サイコソルジャーと言われた俺でもフォローするんに限界はあるわな。他にもガキはいるわパンダはいるわで大変なんやから全くもう。ももちゃんは連中のことを知らんからええけど、手がかかる言うたらないわホンマ。

「あ! アテナちゃんだ!」
「……へ?」

「ももちゃん!? もう! どこに行ってたの?」

 公園にいた麻宮アテナが、こちらに向かって駆け出して来た。
 横にいた桃子も駆け寄って、勢い良くアテナに体ごとしがみつく。

「心配したんだから……。あら、ケンスウじゃない。どうしたの?」
「……一年ぶりやのに、そりゃないでアテナ」

 離れた土地で一日千秋の思いで修行してきたケンスウは、さまざまに期待していた再会シーンを全て否定されて苦りきっていた。そもそも何なのだこの子供は。

「あ、紹介するわね。こんど老師の推薦で、いっしょにKOFに出場することになった、桃子ちゃん」
「……は?」
「もう仮エントリーも済ませたからね。私とケンスウと桃子ちゃんの、新生・サイコソルジャー・チームよ!」
 新生? 新生って何や。去年サイコソルジャーチームが不参加だったのは知ってるけど、老師でも包でもないってどういうことや。
「いや、だから。包の時もやったけど、小学生でしかも女の子やで? 老師もいよいよボケたんやないか?」
「桃子、小学生じゃないもん!」
「ほな中学生かいな? オレはてっきり……」
「高校生だもん!」
「こ、高校生!? ……あ、あかんあかん! どっちにしてもこんな小学生にしか見えない女の子をKOFみたいな乱暴な大会に」
「また小学生って言った〜! 小学生じゃないもん!」

 と、ここで桃子は抗議をやめ、ちょっぴり高校生っぽい大人の笑みを、ケンスウに向けて浮かべた。

「ねぇねぇアテナちゃん」
「なあに?」
「アテナちゃんって、『あいどる』なの?」
「そうね。お仕事でやってるわ。それがどうしたの?」
「じゃあケンスウ兄ちゃんに『べたぼれ』なんだね」
「ふぶっ」

 ケンスウは水も飲んでいないのに思い切りむせた。
 このあどけない少女が何をしゃべるつもりなのか、わかったのだ。

「ケンスウ兄ちゃんは『てんさいさいこそるじゃー』なんだよね」
「……そ、そうかもね」
「おじいちゃんは『あるちゅう』で、『あしでまとい』ってほんと?」
「ど、どうかしら」
「薫おねえちゃんは『いがいとしょうわるおんな』で『おじゃまむし』なの?」
「……ケンスウ、ちょっと話があるんだけど」
「ま、待った。ちょっと待ったやアテナ。違うんやこれは……」


 ※ ※


 この次の週、アテナはKOFに正式にエントリーを申し込んだ。
 記載されていたメンバー名は、麻宮アテナ、桃子、天才サイコソルジャー椎拳崇。
 で、あった。

9495969798992000200120022003XIXII

PAGE TOP
   
  KOFとは?KOFヒストリーKOFキャラクタートピックスイラストギャラリームービーギャラリーKOFリンク
 
SNK PLAYMORE ※「ザ・キング・オブ・ファイターズ」は株式会社SNKプレイモアの登録商標です。
©SNK PLAYMORE
お問い合わせ サイトマップ