THE KING OF FIGHTERS OFFICIAL WEB SITE
KOFとは?
KOFヒストリー
KOFキャラクター
トピックス
イラストギャラリー
ムービーギャラリー
KOFリンク
OFFICIAL SITE
NUMBERING TITLES
KOF2000
KOF2001
KOF2002
KOF2003
KOF XI
KOF XII
UM SERIES
KOF’98 ULTIMATE MATCH
KOF2002 UNLIMITED MATCH
MAXIMUM IMPACT SERIES
KOF MAXIMUM IMPACT
KOF MAXIMUM IMPACT 2
KOF MAXIMUM IMPACT REGULATION "A"
OTHERS
OTHERS
KOF'94 Re-Bout
KOFヒストリー
KOF94 KOF95 KOF96 KOF97 KOF98 KOF99 KOF2000 KOF2001 KOF2002 KOF2003 KOF XI KOF XII

THE KING OF FIGHTERS XI
KOF XI紹介へ
チームストーリー
主人公チーム 餓狼チーム ライバルチーム 怒チーム
エージェントチーム K’チーム アンチ極限流チーム 京&庵チーム
龍虎チーム 餓狼MOWチーム サイコソルジャーチーム アーデルハイド&ローズ
紫苑 禍忌

餓狼チームストーリー

「キムのダンナ、ばんざーい!」
「健闘を祈ってるでヤンス〜!」

 チャンとチョイの空々しい、いや嘘くさい、もとい懸命なエールを受けながら、キムとテリーは空港のロビーで人を待っている。
 この異例の取り合わせが決まるまでには、もちろん紆余曲折があった。
 度重なるアンディとのすれ違いに業を煮やした舞が「そうよ二人で参加『しなければ』いいのよ」と、強引にKOF期間中にバカンスを決め込むと、ムエタイのタイトルマッチとバッティングしてしまったジョー・東も不参加。去年チームを組んだグリフォンマスクは既に別チームでエントリーを済ませていたとあって、一時期テリーは途方に暮れていたものである。
 そこにノコノコと現われたのが、ネギを背負ったカモならぬダックであった。
「ヘイ、テリー? ずいぶん感じが変わったなア」
 派手な服装にサングラス、髪型はモヒカン、独特のステップとハイ・トーン。
 サウスタウンのちょっとした名物男、ダック・キングとの再会に、テリーは闇夜に光明を見出した気分だった。しかも、
「KOF? OKOK、ちょうど退屈してたところだぜェ♪」
 と、その場で二つ返事で引き受けてくれたとなると、ダックの濃い顔が神々しくさえ見えてくるから不思議である。
「で、あと一人はどうするんだテリー。KOFは三人で一チームだろ?」
「ああ、それにはアテがあったんだが……」

 テリーはキム率いる韓国チームから、ひとり分けてもらうつもりだったという。
 確かに去年の大会では、ジョン・フーンの参加によってチョイ・ボンゲが不参加となっていたから、今年もと考えるのは自然の流れである。
 ただ、今年はそのジョンが参加しないため、韓国チームは3人で定員ピッタリとなってしまうのだ。

「チッチッ、テリー、じゃあキムを誘えば万事解決じゃないのか?」
「そりゃあキムが参加してくれれば心強いが、それは無理だろう」
「なんで」
「チャンとチョイがあぶれちまう。あいつらだってKOFを目標に鍛えてきたんだ。俺たちが割り込んだら気の毒じゃないか」

 ダックは大げさに首を振った。やれやれ、仕方ないなこの男は……といった風情である。
「あのなテリー、よーく考えてみろよ」
「? あ、ああ」
「あのキムの弟子二人は、自分から進んでKOFに参加してるのか?」
「……」
「な?」


 ※ ※


「テリーのダンナ、ダックのダンナ、ばんざーい!」
「優勝を信じてるでヤンスよ〜!」

 この話をもちかけたところ、渋るキムとは対照的に、チャンとチョイはその場で踊り出し兼ねない様子でテリーの提案を全面肯定した。
 もちろん今でも口では、
「キムのダンナも、たまには俺たちを切り離して、レベルの高い闘いを目指すべきだぜ」
「アッシたちはこの次のKOFへ向けて長期計画でトレーニングするでヤンス」
 などと心情を粉飾し、正当化することも忘れていない。3人が飛行機に乗り込んだ今も、ロビーで小旗を振りつつ、3人の門出を祝福して殊勝さをアピールしている。
 どんな小知恵がついたのやら、たとえキムが難癖をつけたくとも、穴らしい穴を見つけることはできなかっただろう。

「今回は教育も更正も抜きか。キム、少し物足りないんじゃないのか?」
「そんなことはありませんよ、はっはっは……」

 いつもの爽やかな笑顔も、心なしかキレがない。
 このままでは試合でも実力を100%発揮してくれるかどうか……。
 テリーは一計を案じ、キムを肘でつついた。キムを挟んで反対側のシートに座っているダックに聞こえないよう、声のトーンを低める。
「なぁキム。ダックのことだけど、いつまでもあんな格好で将来は大丈夫かな」
「……」
「あいつの将来を考えたら、このKOFを機に『更正』してやった方がアイツのためかも知れないぜ?」
「なるほど……。確かにテリーさんのおっしゃるとおりかも知れません」

 いくらか覇気を取り戻したキムは、腕組みをして考え込んだ。
 その反対側の座席に座っていたダックが、キムを肘でつついた。
「ヘイ、キム。テリーのことなんだが、いつまでも定職に就かずに風来坊を続けてちゃダメだよな? オレはトモダチとして心配してるんだゼ?」
「……」
「テリーにまっとうな生活ってものを『教育』できるのは、キム、おまえだけだぜ?」
「なるほど……。確かにダックさんのおっしゃることにも一理ありますね」

 キムはさらに一層元気を取り戻した。
 組んでいる腕にも力が入る。
 今度のKOFに臨むにあたって新たな目標を得た彼は、それに向かって着実に行動を開始するに違いなかった。
 そんなテリーとキムとダックを乗せて、飛行機がサウスタウンの空に舞い上がった。


 ※ ※


「……行っちゃったでヤンスね」
「だな」
「あの二人、キムのダンナのことをちっともわかってないでヤンスね」
「全くだぜ」
「どんな風に更正されて戻ってくるのか、ちょっとだけ楽しみでヤンス」

「……」
「……」
「でも、ほんの少しだけ寂しいでヤンスね……」
「ああ、ほんの少しだけな」

9495969798992000200120022003XIXII

PAGE TOP
   
  KOFとは?KOFヒストリーKOFキャラクタートピックスイラストギャラリームービーギャラリーKOFリンク
 
SNK PLAYMORE ※「ザ・キング・オブ・ファイターズ」は株式会社SNKプレイモアの登録商標です。
©SNK PLAYMORE
お問い合わせ サイトマップ