THE KING OF FIGHTERS OFFICIAL WEB SITE
KOFとは?
KOFヒストリー
KOFキャラクター
トピックス
イラストギャラリー
ムービーギャラリー
KOFリンク
OFFICIAL SITE
NUMBERING TITLES
KOF2000
KOF2001
KOF2002
KOF2003
KOF XI
KOF XII
UM SERIES
KOF’98 ULTIMATE MATCH
KOF2002 UNLIMITED MATCH
MAXIMUM IMPACT SERIES
KOF MAXIMUM IMPACT
KOF MAXIMUM IMPACT 2
KOF MAXIMUM IMPACT REGULATION "A"
OTHERS
OTHERS
KOF'94 Re-Bout
KOFヒストリー
KOF94 KOF95 KOF96 KOF97 KOF98 KOF99 KOF2000 KOF2001 KOF2002 KOF2003 KOF XI KOF XII

THE KING OF FIGHTERS 96
KOF96紹介へ
チームストーリー
主人公チーム 餓狼伝説チーム 龍虎の拳チーム 新・怒チーム
サイコソルジャーチーム 新・女性格闘家チーム キムチーム 八神チーム
ボスチーム

主人公チームストーリー

 鬱蒼と茂った雑木林の中で、凄まじい気と気がぶつかりあっていた。
 一人の男は背中に日輪を背負った学ランを着た男であるが、もう片方の人物の姿は暗闇の中に溶け込んでおり、容姿がつかめない。
 しかし、学ランの男、すなわち草薙京はすでに肩で息をしていた。
「くっ、くそ〜!だったらこいつはどうだぁ!!」
 京は全気力を振り絞って、裏百八式・大蛇薙を放った。しかし、相手はその炎を片手で握り潰してしまった。
「何!」
影の人物
「草薙がこの程度とはね・・・」
 影の人物がそう言ったかと思った瞬間に、京の体は宙に舞っていた。
「うわあぁぁぁぁぁ!」
 京は地面に叩き付けられ、身動きが取れなくなった。
「くっ、な・・・何者だ、てめぇ・・・」
影の人物
「フッ、私の取り越し苦労でしたか・・・」
 そう言うと、影の人物はスーッと闇の中に消えて行った。
 京はゆっくりと薄れていく意識の中、悔しさを噛みしめていた。

 京は、ふと気がついた。真っ白い天井が見える。
「…ここは?」
 ぼんやりと二つの顔が見える。紅丸と大門だった。
紅丸
「おいっ!京、聞こえるのか?京!」
大門
「大丈夫か?京!」
「紅丸・・・大門・・・」
紅丸
「何があったんだ!こんなになっちまって!」
「・・・」
 京は両腕を上げてみた。両腕が白い包帯でぐるぐる巻きにされているのが見えた。即座に痛みが走る。
「うっ、痛っ…」
紅丸
「ふぅん…。ただ道で転んだっていうモンじゃねえな、まさか!八神か!?」
「いや・・・」
大門
「では、一体何者が!?」
「・・・分かんねぇんだよ。くそっ!」
 京はベットの横の壁を寝転んだ状態で、力一杯殴った。
紅丸
「しかし、お前がそこまでやられるとはなぁ」
「・・・自信はあったさ。草薙の拳にはな。だが、オレもまさかとは思ったが・・・。大蛇薙もダメだった・・・」
紅丸
「な、何だって!?おいおいマジかよ?」
「マジなんだよ!だから・・・クッ、・・・」
紅丸
「京・・・」
 京が突然何か思い付いたように、ベッドから起き上がった。
「い、いててて・・・」
紅丸
「おい、何やってんだ!?まだ歩ける状態じゃねぇだろ!!」
「いつまでも、こんなところで寝てるわけにはいかないんでな。いいか!オレの後について来るなよ!!」
 京はベッドから立ち上がり、フラフラと部屋を出ていった。
 紅丸と大門は顔を見合わせた。
大門
「どうする?」
紅丸
「来るなと言われると、行きたくなるのが人の筋ってもんだよ」
大門
「・・・」
 後をつけた紅丸と大門は、鬱蒼と茂った雑木林の中に入っていった。
 そこには京が一人、佇んでいた。
大門
「良いのか・・・こんなところを京に見つかったら・・・」
紅丸
「何だよ!心配だから見に来たんだろ。嫌なら来なけりゃ良かったんだろが!」
大門
「い、いや・・・うむ・・・」
紅丸
「にしても、あいつ一体何やってやがんだ?」
 京はゆっくりと息を吸い込み、クッと拳に力を込めた。しばらくすると、辺り一面に凄まじい気が充満し出した。
紅丸
「なっ!」
大門
「むうっ・・・!」
「はあっ!」
 京はその気合いの声と共に、光に包まれ、紅丸と大門は衝撃波に襲われた。
大門
「!」
紅丸
「くう〜っ!」
 光が収まった後、辺り一面は焼け野原と化し、その中心に京が佇んでいた。
「ハアッ、ハアッ・・・で、できたみたいだな・・・。見たか、親父!」
 京はそう呟くと、ガックリと膝をついた。
 紅丸と大門は、その迫力に圧倒されて、呆然としていた。
紅丸
「す、すげぇ・・・」
大門
「うむ・・・凄まじい技だ・・・」
 京は二人の方に振り向いた。
「お前ら、あれだけ来るなと言っておいたのに・・・。まぁいい。どうだ?これが草薙の神技ってヤツだよ・・・。前に一度だけやろうと試みてできなかった技でな、こんな技がなくてもオレは強いって思って、それ以来一度も試したことがなかったんだが、今ならできそうな気がして・・・。やってみりゃ案の定だ」
紅丸
「すげえじゃねぇか!これならお前を倒した奴も・・・」
「さぁな、そいつはやってみなけりゃわからねぇ」
 その言葉の後、暫く黙り込んでいた京だったが、思い出したように突然口を開いた。
「キング・オブ・ファイターズ・・・」
紅丸
「え?」
「キング・オブ・ファイターズだ!」
紅丸
「あっ、ああ、キング・オブ・ファイターズなら先日手続きをすましてきたばかりだが、それがどうしたんだ。・・・まさか!お前をやった奴が今度のキング・オブ・ファイターズに何か関わりがあるってえのか!?」
「いや、そうじゃない。奴がどこかでオレを見てあざ笑っているのが我慢できねぇんだ!キング・オブ・ファイターズで、草薙の、このオレの本当の力を見せてやりてぇんだ!」
紅丸
「はぁ、まあ、どうせ出場するつもりだったからな!今さら何が起きたって関係ねぇけどよ」
大門
「うむ」
紅丸
「よし!じゃあ」
「行くか!キング・オブ・ファイターズヘ!!」

9495969798992000200120022003XIXII

PAGE TOP
   
  KOFとは?KOFヒストリーKOFキャラクタートピックスイラストギャラリームービーギャラリーKOFリンク
 
SNK PLAYMORE ※「ザ・キング・オブ・ファイターズ」は株式会社SNKプレイモアの登録商標です。
©SNK PLAYMORE
お問い合わせ サイトマップ