THE KING OF FIGHTERS OFFICIAL WEB SITE
KOFとは?
KOFヒストリー
KOFキャラクター
トピックス
イラストギャラリー
ムービーギャラリー
KOFリンク
OFFICIAL SITE
NUMBERING TITLES
KOF2000
KOF2001
KOF2002
KOF2003
KOF XI
KOF XII
UM SERIES
KOF’98 ULTIMATE MATCH
KOF2002 UNLIMITED MATCH
MAXIMUM IMPACT SERIES
KOF MAXIMUM IMPACT
KOF MAXIMUM IMPACT 2
KOF MAXIMUM IMPACT REGULATION "A"
OTHERS
OTHERS
KOF'94 Re-Bout
KOFヒストリー
KOF94 KOF95 KOF96 KOF97 KOF98 KOF99 KOF2000 KOF2001 KOF2002 KOF2003 KOF XI KOF XII

THE KING OF FIGHTERS 99
KOF99紹介へ
チームストーリー
主人公チーム 餓狼伝説チーム 龍虎の拳チーム 怒チーム
サイコソルジャーチーム 女性格闘家チーム 韓国チーム 草薙 京
八神 庵

主人公チームストーリー

カメラレンズを通した映像が広がる。
初めは群衆、ズームして一人の男に焦点が絞られていく。
『ようく見えるぜ。どうする?』

大柄な男が隣の男に呼びかける。
『こっちによこせ』
『そこのゴーグルをかけろ。ダイレクトに俺の目とリンクしてるからよ』
けだるそうにゴーグルをかける男。
ゴーグルの内部に映し出される男をぼんやりと眺める。
『誰だ、こいつ?』

言いながら、たばこに火をつける。
『二階堂紅丸、雷を操る天才シューター・・・らしい。ちょっとしたファンタジーだよな』

男の答えに何かリアクションを取るでなく、次の質問。
『このままピーピングしてんのか?なら帰るぜ』
『いや、そろそろ仕掛けに入るはずだ』

海外遠征を終え、久しぶりの日本。
自分と同じ人種のにおいに懐かしさを感じながら、人混みを歩く紅丸。
紅丸
「久しぶりとは言え、日本人のにおいも飽きたな。待ち合わせまでの時間つぶしくらいにはなったが・・・・。こんな所を待ち合わせに指定するなんて、真吾も気が利かないぜ」
ちょっとした広場まで出てくる紅丸。そこへやってくる真吾。
真吾
「お久しぶりです。二階堂さん!」
紅丸
「久しぶりだな。しかし、もう少し気の利いた場所がなかったのかよ。こんな人の多い所さあ?」
真吾
「え?」
紅丸
「『え?』って何だよ?」
真吾
「今日は日本に着くからこの場所でって、手紙と、ほらKOFの招待状同封して送ってくれたの二階堂さんじゃないですか・・・・?」
紅丸
「手紙?招待状?KOFだあ!?」

招待状ごと手紙を差し出す真吾。

『ザ・キング・オブ・ファイターズを開催いたします。二階堂紅丸様、矢吹真吾様の御両名に関しましては、招待選手で編成されるスペシャルチームでの参加をお願いしたい所存であります・・・・・』

招待状には手紙が添えられている。
自分のものとそっくりだが、手紙の筆跡にはもちろん憶えなどない。

紅丸
「手が込んでるな」
真吾
「はい?」
紅丸
「いたずらだよ。しかし、どうやって俺の帰国する日を知ったんだ・・・・・・・!」

広場にある情報告知TVが大きな雑音をたてる。画面に広がる砂嵐。
大きな音にもかかわらず、気にならないかのように通り過ぎる人々。

紅丸
『見られてる・・・!?誰だ・・・!?』

辺りを見回すが、わからない。困惑する紅丸。
再び大男とその相棒。

『いい演技だねぇ。わが組織のエキストラ諸君は。通行人になりきってるぜ』
『もう帰るぞ』
『ちょっと待てよ。もう終わるから・な!!』

手元に置いてある端末のボタンを押す。
瞬間、レンズの向こうに映っている告知TVに文字が映し出される。
画面全体に映し出される文字に注視する紅丸。

紅丸
「ス・ト・ラ・イ・カ・ー・マ・ッ・チ・・・・?」
真吾
「ああ、これ・・・・」
紅丸
「知ってんのか!?」

聞かれて、招待状の文面を指さす真吾。

真吾
「招待状に書いてありました。今年の大会形式だそうです」
紅丸
「大会形式?どんなやつだ?」
真吾
「わかんないです。行ってみたらわかるみたいで。今回は4VS4みたいですし」
紅丸
「4人でやんのか!?」
真吾
「じゃないんですか?」
紅丸
「俺とお前と・・・・あとは誰だよ?」
真吾
「それもそこに書いてます」

急いで招待状を確認する紅丸。

紅丸
「K´、マキシマ・・・・・?」

レンズ越しの映像。紅丸の口の動きに合わせて、自分の名前を呼ぶ声がイヤホンから流れてくる。

『はーい。よろしく二階堂紅丸君』
 
隣からジュッ!という音。
視線を移すと、男がさっきまで吸っていたたばこを赤いグローブで包まれた手で握り消している。

マキシマ
「K´、やめとけよ、そのクセ」
K´
「帰る」
マキシマ
「おお、今度は大会でな。大事なグローブだ。あんまり粗末に扱うんじゃないぞ」
K´
「チッ!・・・・」

舌打ちして、その場をあとにするK´。
何事もなかったかのように情報告知を再開するTV画面。

真吾
「どうします?」
紅丸
「行ってみるしかないんだろうな、多分」
真吾
「草薙さんもいないし、大門さんも忙しいみたいだし、なんか心細いですね」
紅丸
「京か・・・・。あいつには近いうちに会えるかもしれない・・・・」
真吾
「なんでです?」
紅丸
「わからん・・・・ただ、そんな気がするだけだ」
真吾
「そんな気・・・・ですか」
紅丸
「よし、急ごう。今日中に日本を出るぞ」
真吾
「あ、はいはいわかりました。お供しますよ」

9495969798992000200120022003XIXII

PAGE TOP
   
  KOFとは?KOFヒストリーKOFキャラクタートピックスイラストギャラリームービーギャラリーKOFリンク
 
SNK PLAYMORE ※「ザ・キング・オブ・ファイターズ」は株式会社SNKプレイモアの登録商標です。
©SNK PLAYMORE
お問い合わせ サイトマップ